大学を中退すべき時と卒業した方が良い時

「大学を辞めようかな」なんて思ったことはないですか?

親や周りからすれば、

「努力して入学したのに辞めるのが勿体無い」

「中退して就職はどうするの・・・」

など、一般的な意見を言ってくることもあるでしょう。

でも、意味がある中退であれば、直ちに辞めるべきだと私は思います。

実際、私は国立大学を授業にほとんど行かずに過ごしましたが、

今考えると学費の無駄以外に何もありません。

私の結論は、直ちに判断すべき、そしてすぐに動くべきだと思います。

そのために、今こうしたいという考えに、幅広い視点と将来性を交えてどう考えれば良いのかを書いていきます。

大学は直ちにやめた方が良い理由

時間は有限

あなたの時間には限りがあります。

特に大学に入学する18歳前後は記憶力・体力ともに人生のピークになります。

この時に大学で勉強する時間に投資するのか、自分のやりたいこと、やるべきことに時間を投じるのかはあなたのこれからいきていく中での戦略になります。

もし、大学で学ぶ以外の方に時間を使うべきと考える場合は、辞める1つの判断材料になります。

要は、大学に通うことが「時間の無駄」と考えるのであれば、実際にやめた時に何をするのかを考えましょう。

就職する以外の生き方がある

大学で学ぶ理由は、①有利に就職するため、②学びたい、研究したい、③資格を取りたい、の3パターンです。

逆を言えば、就職せず、これ以上学びたくもなく、資格をとる必要もなければ、大学に居続ける必要はありません。

今は幸い、就職をしなくても簡単に稼げる時代です。

大きく分けて、アフィリエイト、個人輸入輸出、投資はすぐにでも参入しやすく、儲かる確率もあるビジネスです。(損をする時もありますが。)

また、アルバイトでもすれば生活するための必要最小限のお金は稼ぐことができます。

ほぼ飢えることがないこの日本では、独り身であれば就職しなくて生きていく方法はいくらでもあります。

加えて若くて健康であれば、ちょっとやそっとの無理には耐えていけるでしょう。

突き抜けるために

就職をしないとなると、長期的に見て収入を安定させたり資産を形成したりすることが必須です。

今は好きなことをやってSNSにあげて商売にできる時代です。さらに何かで突き抜ければ、それでご飯が食べていけます。

具体的には、ツイッターもインスタもユーチューブも10000フォロワー(登録)あれば収益化がスタートします。

あなたが心から好きなことをSNSで情報発信して、それを継続すると徐々に支持してくれる人が集まり、そこからの信頼が換金できるはずです。

何かの専門家になってあなたをブランディングすることが、収入ならびに信頼をたくさん集めて豊かに生活できる近道になります。

こういう人はちゃんと大学を卒業した方が良い

公務員思考

公務員を目指したい人は大学を卒業することをおすすめします。高卒の公務員もいますが、学歴によりできる仕事が分かれてくるので大学は卒業しておくことをおすすめします。

例えば、警察官でも高校卒と大学卒では仕事や出世度合いが変わってきますね。公務員になりたい人は、それが有利になる方法を選びましょう。

就職したい人

大学中退でも、その大学に一度合格しているので能力があるとみなされる場合もありますが、そういう場合を加味しても、就職するためには大学卒が有利なのには変わりありません。

日本の人事担当者はまだまだ学歴を見ています。どんな人材でも良いと考える求人を急いでいる会社でも、中卒か高卒か大卒かは必ずと言っていいほどチェックしています。

まだまだ学歴で採用が決まる時代からは抜けられていないのが現実です。

就職したい人=雇われたい人、です。それでもあなたの人生は満足ですか?

とりあえず大卒の学歴が欲しい

親にとりあえず大学は出ておけ、と言われたのを聞いたことは一度はありますね。これは親世代がバリバリの学歴社会で育ってきた呪縛です。

ただ、親世代も現在の企業も学歴主義の色が濃いので、大卒の経歴はまだまだ就職に使えるパスポートのような存在です。

大学で学ぶのが好き

専門的な学問、とにかく学ぶことや研究が好きで、一生の仕事にしたい人は、迷わず大学に行き助手・助教授・教授になったり、研究者になったり、司書になったりするのをおすすめします。

それが好きなことなので幸せな道だと思います。

高卒と大卒の雇用条件の差

昔は、高卒20万、大卒22万など差があったこともありましたが、最近では高卒と大卒で給与を分ける記載をなかなか見なくなりました。

その代わりに、任される職種やキャリアステップに若干の偏見があり何度が変わってくると思われます。

ですので雇用条件では明確な差はないものの、内定のもらいやすさだったり、入社後の職種などの任され具合が変わってくる可能性があります。

就職の内定

上にも書いた通り、大卒とそうでないかにより企業の内定の出具合が変わってきます。

看護関係やエンジニアなど専門職であれば話は別ですが、日本企業や人事担当は学歴で応募者をソートするため、就職の内定には大卒か否かがもろに影響します。

やめておいた方がいい仕事

時間を奪われるライスワーク

さて、では大学を中退したとして、どのような仕事をすべきではないのでしょうか?

答えは簡単で、あなたのやりたいことではない、生活費を稼ぐためだけのライスワークはすべきではないと考えます。

せっかく大学を辞めて時間ができても、生活のためのお金を補填しているだけでは非生産的と言えます。

将来の選択肢が減ると思われる仕事

例えば、代表的な例で言えば時給の低いアルバイトです。あなたの貴重な時間を切り売りしていることになります。

時給1000円の仕事は、あなたの人生を1時間1000円で売っていることになります。

その中で、時給が低い仕事以外にもっとしてはいけない仕事は、あなたの将来やりたいことに負の影響がある仕事です。

わかりやすく言えば、将来は人に尊敬される仕事に就きたいのに今は反社会的な仕事をする、異性と婚活をして幸せな家庭を築いていきたいのに性的に偏見をもたれる仕事をする、などです。

低資金で稼げる仕事

先ほど書きましたが、大学を辞めた場合も、辞めなかった場合も、自分で稼げる力を身につけておくとどこでもいきていけます。

私が多々経験した中で言えば、アフィリエイトは最初はある程度の忍耐と努力の積み重ねですが一定のラインを超えると安定した収入と時間が確保できるビジネスです。予測では2020年にはあフィリアエイトは3500億の市場になるようです。

輸入輸出については、中国輸入など流行りましたが、商品を見つけては競合に真似されるの繰り返しです。また、粗悪な商品を薄利多売する場合は物量やクレームとの戦いになるので、まだ発掘されていない高単価で売れるものを独占契約して販売する方法が良いと考えています。

投資についてはリスクが多いですが、不動産でも仮想通貨でも株式でも、情報を正しく集めておけば勝てる確率は上がります。FXや短期の株式トレードであれば話は別ですが。。

フリーターになる勇気を持とう

多々書きましたが、大学に行くのもメリットで選ぶ時代です。全員が大学卒業を良しとされる時代ではなくなりました。

幸いフリーターになっても生活できるありがたい時代です。

別に大学に行かなくても人生が悪くなる訳ではないと割り切って、自分の意思で自分の考えで未来を選択しましょう。




ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスモデルの研究がライフワーク。 🇯🇵東京拠点にマネジメント主体の仕事を多々▶︎経営企画 | 事業企画 | 新規事業 | 事業統括⭕️スタートアップが楽しすぎて仕事とプライベートの区別がついてません🌟 事業立ち上げ●既存事業の整備&収益化●マネージャー層の採用&育成●システム&制度設計●財務等▶️徳島出身 #スタートアップ #マネジメント